カテゴリー別アーカイブ: Tactics Magic

Tactics Magic ヘルプ2 戦闘画面について

6. 戦闘画面の見方

戦闘画面の見方

画面の半分から下が自分の戦術プレート、上が敵の戦術プレートになります。

戦闘はターン制で行われ、さらに1ターンの間に【戦術フェイズ】と【戦闘フェイズ】があります。

【戦術フェイズ】
戦術プレートにカードを配置して能力を強化します。
十分にカードを配置したら戦闘開始ボタンを押します。

【戦闘フェイズ】
敵と味方で一度ずつ攻撃を行います。

7. 戦闘画面【手札】

戦闘画面【手札】

★カードについて
自分のトランプのカードは左下に6枚、右下に4枚まで配られます。
右下の4枚は毎ターン必ず4枚まで補充されます。
左下の6枚は毎ターン1枚補充されます。
このトランプのカードによって、各ステータスを強化することが出来ます。
その強化はカードの数字の数だけ上昇します。
ジョーカーは20ポイントの効果があります。

8. 戦闘画面【プレート】

戦闘画面【プレート】

★戦術プレートについて
プレートにはトランプのカードを配置する場所が6種類あります。
その種類は【攻撃】【命中】【防御】【回避】【速さ】【魔法】となっており、プレートによって配置できるカードの枚数が異なっています。
それぞれの枠には1〜5枚のカードを配置できます。その数の分だけ威力が上昇します。

ただし【魔法】の枠にはカードを1枚しか配置できません。
また、それぞれの枠には【追加効果】によってボーナス点が付くことがあります。

例えば
【♥+6】という表記の場所には、♥のトランプを置くと6ポイントのボーナス点が追加されます。
【♣2.0】という表記の場合は、♣のトランプを置くとその数字は2倍の効果をもたらします。
【+12】となっている場所は、無条件に12ポイントのボーナスが付きます。これはカードを何枚置いても+12のボーナスは一度だけです。
【x2.0】となっている場所は、何を置いても数字が2倍になります。

数字の計算:
各ステータスの数字は【キャラクターの基本値】に【トランプの数字】+【追加効果】+【場のカードのよるボーナス】を足したものになります。

【魔法】について:
プレートには最大で3種類のスペルカードが配置されています。
タップすることでそれらの効果を見ることが出来ます。
(詳細はスペルカードについてで解説しています)

9. 戦闘画面【基本値】

戦闘画面【基本値】

★キャラクターの強さ
画面の左下に自分、左上に相手の強さが数字で表示されています。

HP:この数字が0になると戦闘が終了します。
: 【攻撃】の基本値
: 【防御】の基本値
: 【命中】の基本値
: 【回避】の基本値
: 【速さ】の基本値
: 【魔法】の基本値

各ステータスの説明:
ステータスは6種類があり【攻撃】【命中】【防御】【回避】【速さ】【魔法】があります。

【命中】が相手の【回避】より高ければ攻撃が当たり、
【攻撃】から相手の【防御】を引いた数だけのダメージを与えることが出来ます。

この時【命中】が【回避】の2倍の数字を超えていた場合、クリティカルヒットが発生して【攻撃】が2倍になります。

【速さ】の大きい方が先手を取って攻撃でき、更に【命中】と【回避】に5ポイントが追加されます。
【速さ】が同数の場合はボーナスは付きません。

【魔法】は戦術プレートに3つまで用意されており、それぞれにトランプのカードを配置すれば発動準備ができます。
自分の【魔法】の数字が、相手の【魔法】の数字以上の時のみ魔法は発動されます。

10. 戦闘画面【場のカード】

戦闘画面【場のカード】

★場のカード
画面中央左にカードが一枚だけ表示されます。これが場のカードです。

この【場のカード】は他のカードに追加ボーナスをもたらします。
同じ種類のカードは+1ポイントのボーナスが付きます。
同じ数字のものは、2倍の数字になります。

« ヘルプ1 ステージ&準備説明 Tactics Magic ヘルプ 目次 ヘルプ3 戦いの進め方 »

Tactics Magic ヘルプ3 戦いの進め方

11. 戦いの進め方1 カードを選ぶ

戦いの進め方1 カードを選ぶ

★カードを選ぶ
戦術プレートにカードを配置して能力を強化します。
まずは手札の中から一つをタップして選びます。

まだカードを配置していない状態であれば、逃げるボタンを押せば戦闘をやめる事ができます。

12. 戦いの進め方2 カードを配置

戦いの進め方2 カードを配置

★カードを配置
戦術プレートに選んだカードを配置します。
カードを置ける場所には光る枠が現れます。
それ以外の場所をタップした場合、キャンセルされてカード選択へ戻ります。

13. 戦いの進め方3 能力を強化

戦いの進め方3 能力を強化

カードを置くと能力が強化されます。
浮かび上がる数字か横のパワーゲージでその強さがわかります。

カードは敵と味方で交互に配置していきます。
相手が回避を上げたらこちらも命中を上げるなど、相手の動きやカードを見てこちらのカードを配置していくと良いでしょう。

14. 戦いの進め方4 戦闘開始!

戦いの進め方4 戦闘開始!

戦闘開始ボタンを押すとカードの配置を終了します。
十分に能力を強化してから戦闘を開始しましょう。

« ヘルプ2 戦闘画面について Tactics Magic ヘルプ 目次 ヘルプ4 戦闘開始 »

Tactics Magic ヘルプ4 戦闘開始

15. 戦闘開始 先手を決める

戦闘開始 先手を決める

★先制攻撃
戦闘が開始されると、どちらが先に攻撃するかの判定が行われます。
これは【速さ】が大きい方から先に攻撃します。
【命中】と【回避】に5ポイントのボーナスが付くため、先手を取る事は非常に有効です。

16. 戦闘開始 命中判定

戦闘開始 命中判定

★命中判定
先手が決まったら攻撃開始です。
まずは攻撃が命中するかの命中判定が行われます。
攻め手の【命中】と、守り手の【回避】を比べて、命中が高ければ攻撃は当たります。同じ数でも当たります。

★クリティカルヒットを狙おう!
【命中】が相手の【回避】の2倍を超えると、【攻撃】が2倍になって大ダメージを与えることが出来ます。
これをうまく利用すれば敵を一撃で倒すことも難しくないでしょう。
逆に敵のクリティカルヒットを食らわないように注意も必要です。

17. 戦闘開始 当たればダメージ!

戦闘開始 当たればダメージ!

★ダメージ判定
攻撃が命中するとダメージ量が計算されます。
ダメージは攻め手の【攻撃】から守り手の【防御】を引いた数字になります。その数字がマイナスであってもダメージは必ず1ポイント以上になります。

« ヘルプ3 戦いの進め方 Tactics Magic ヘルプ 目次 ヘルプ5 タクティクスの組み方 »

Tactics Magic ヘルプ5 タクティクスの組み方

18. タクティクス編集画面

タクティクス編集画面

5つの戦術(タクティクス)プレートを自由に組み上げることが出来ます。
戦術プレートは戦闘において、1ターンに1つを使用します。6ターン目には最初のプレートに戻ります。

この5つの戦術プレートの組み合わせによって戦闘は大きく変わります。

19. タクティクス<入れ替え方法1>

タクティクス<入れ替え方法1>

★プレートの並べ替え方法 その1
5つのプレート名から変更するプレートをタップして選び、右のボタンか右下の【入れ替え】をタップするか、またはプレート名をダブルタップすると、入れ替えるべきプレート一覧が表示されます。

20. タクティクス<入れ替え方法2>

タクティクス<入れ替え方法2>

★プレートの並べ替え方法 その2
変更後のプレート名を選び【入れ替え】をタップするか、プレート名をダブルタップすると入れ替えが行われます。

« ヘルプ4 戦闘開始 Tactics Magic ヘルプ 目次 ヘルプ6 戦術プレートについて »

Tactics Magic ヘルプ6 戦術プレートについて

21. 戦術プレート カード枠の数

戦術プレート カード枠の数

戦術(タクティクス)プレートの内容:
プレートにはトランプのカードを配置する場所が6種類あります。
その種類は【攻撃】【命中】【防御】【回避】【速さ】【魔法】となっており、プレートごとに配置できるカードの枚数が異なっています。

それぞれの枠に1〜5枚のカードを配置できます。
ただし【魔法】の枠には1枚しか配置できません。

22. 戦術プレート 追加効果

戦術プレート 追加効果

【追加効果】
それぞれの枠には追加効果でボーナス点が付きます。

例えば
【♥+6】という表記の場所には、♥のトランプを置くと6ポイントのボーナス点が追加されます。
【♣2.0】という表記の場合は、♣のトランプを置くとその数字は2倍の効果をもたらします。
【+12】となっている場所は、無条件に12ポイントのボーナスが付きます。これはカードを何枚置いても+12のボーナスは一度だけです。
【x2.0】となっている場所は、何を置いても数字が2倍になります。

23. 戦術プレート スペルカード

戦術プレート スペルカード

【魔法】について:
プレートには最大で3種類のスペルカードが配置されています。
タップすることでそれらの効果を見ることが出来ます。
(詳細はスペルカードについてで解説しています)

« ヘルプ5 タクティクスの組み方 Tactics Magic ヘルプ 目次 ヘルプ7 スペルカードについて »